カウンセラーは、あなたの味方か?協力者か?

当然です。

そうするために存在し、それで活用されます。

私自身も二十代から思い悩むことが増え、十数名の方に担当されてきました。

どの先生にもそれぞれの持ち味があり、人柄も個性も別々でしたが、人生の中で得たかけがえのない時間だったと思います。

友達や家族に話しても埒が明かないのが心の問題です。

「大丈夫だよ」の言葉が冷たく感じ、

「変わってるな」の言葉に傷つき、

「考えすぎだよ」の言葉に絶望しました。

良かれと思っての言葉も、優しさという押し付けも、慈悲という蔑みも、当時の自分には屈辱でしかありませんでした。

病んでいたのですから、感謝なども出来ません。

あるのは落胆だけです。

「誰も、何もわかってくれない…」

「誰一人、自分の味方じゃない…」

そうやって、自分の殻に閉じ籠るしかありませんでした。

最初は親身になって聴いてくれていても、次第に疲れが見えたり面倒臭そうな雰囲気になったり、やはり話し相手が素人では限界がありました。

そして、仕方なくというか物は試しというか、専門家の元を訪れることにしました。

最初のカウンセラーは、温かく寄り添ってくれました。

「それでいいんですよ」

「それがあなたらしさでしょう」

否定されたり責められることに慣れていましたから、衝撃的でした。

「こんなダメな自分を肯定してくれる人がいるんだ…」

思わず涙が溢れました。

「ああ…、初めて人に心を許せた」

見ると、穏やかで優し気なカウンセラーさんの目にも、うっすらと涙が浮かんでいます。

「ここへ来て良かった」

そう思えたのを覚えています。

さて、この“温かく寄り添う”という形容詞ですが、綺麗で耳触りが良い反面、主観的で定義することは難しいです。

一体何をすれば間違いなく「寄り添った」ことになるのかは不明瞭です。

相手がそう感じたらそれが全てで、逆にどれだけ「今私は全力であなたに寄り添っています」と言ったところで勘違いになります。

しかし、世のキャッチコピーには、この手の「雰囲気形容詞」が多用されています。

愛情を込めて

いたわりの真心で

温もりのサービスを

誠意あるおもてなし

癒しの〇〇

それらは結局、不確定で曖昧です。

言われてみると、そして文字にして読むと「きっとこんな感じじゃないかな?」という想像が起こりますが、実際は何のことだかさっぱりわかりません。

愛情って何?

癒しって何?

だから、そこに認識の違いがあると、

思ってたのと違う…、言ってたのと違う!が起こります。

だから、より具体的にお互いが「何をするのか」や「何をしてほしいか」を告示することが求められると思います。

私の担当者だったカウンセラーは、全ての話を集中して聴き、うっすらとした悲し気な表情で頷きつつ、「それでいいんですよ」という類いの肯定、承認を言葉にし、時には涙を浮かべました。

これが、“温かく寄り添う”と感じさせた言動の中身です。

同時に、当時の自分にとっては必要なものであり、心の底で求めていたことだったんだと思います。

これをメタ認知と言います。

今にして思えば、あの時の自分はそれで満足だったでしょう。

しかし、その後何人ものカウンセラーやセラピストを渡り歩きましたから、どこかで納得できていなかったのも事実だったと思います。

話を聴いて涙して欲しいわけではなく、もっと違う何かを求めていたんです。

いつまでも誰かを頼っていたくなくて、自らの力で問題を乗りこえる方法を知りたかったですし、それによって充足感を得たかったのです。

「ああなりたい、こうなりたい…、でも、その方法が分からない」

コーチングやコンサルティングの方が向いていたのかもしれません。

しかし、「次にこれをしましょう」と背中を押されても付いていくことは出来なかったでしょう。

言い訳や「でも、だって」は、いくらでも言える状況でしたし、ポイントは説得力の有無です。

こういう相談者に対する方法はおのずと絞られてくるものですが、悲しいかなどのカウンセラーもその対応をしてくれませんでした。

正直、単純なニーズだったとは思いますが、そこに難しさがあったのでしょう。

 

前提として依頼者側が、味方や協力者として相応しい人を選びます。

ですからカウンセラーは、選ばれるために積極的に何かをしなければなりません。

こちらのメタ認知を読み、的確な言葉で伝えなければ決して悩める人の固く閉ざされた扉は開きません。

 

「味方」や「協力者」にも同じく具体性はありません。

そして、それを勘違いしていたら危険です。

ですから、いつもお伺いを立てます。

「実際にどうなれればよろしいですか?」

「具体的に何があれば、今日来て良かったとお感じになりますか?」

これで勘違いしなくて済みます。

「言わなくても、それぐらい分かってよ!」

これは無理です。

思い込みや錯覚は人の特性なので避けなければなりません。

 

自分探しと言いますが、何事も答えは自分自身の中にしかありません。

曖昧な形容詞を分解して、より具体的にしてみれば明確になります。

「自分は、何をどうしたいんだろう?」

「なぜそれを求めるんだろう?」

更に突き詰めるならば、

私が生まれ持った適性や能力とは何か?

私にとって本当に必要なものは何か?

 

自分のことは自分が一番よく見えないものです。

だから、時には客観的視点や誰かの協力が必要な時があります。

そして、気付くことは建設的な行動の第一歩となります。

悩みにや問題にも、全てのものに意味はあります。

では、あながカウンセリングを受ける意味はなんでしょう?

 

それが分かれば、あなたの味方になって協力することはとてもスムーズです。

 

 

>短期改善こそ、真のホスピタリティ

短期改善こそ、真のホスピタリティ

悩んだ時間は決して無駄にはなりません。
是非、一歩を踏み出してみてください。
最善を尽くしてご支援します。

空き時間枠に、今すぐご予約いただけます。

CTR IMG