CATEGORY

心理コラム

オタク、ニート 天才論

オタク、ニート、不登校、問題児は天才です。   突出した知識や関心、熱意と独創的な感性。彼らには人とは違った能力が備わっています。馴れ合いで群れることなく、自らが信じた確固たる人生を選んでいます。 実際に、社会的に成功を収めた人達には、 […]

カウンセラーは、あなたの味方か?協力者か?

当然です。 そうするために存在し、それで活用されます。 私自身も二十代から思い悩むことが増え、十数名の方に担当されてきました。 どの先生にもそれぞれの持ち味があり、人柄も個性も別々でしたが、人生の中で得たかけがえのない時間だったと思います。 友達 […]

呪われた一族

あなたは“呪い”の存在を信じるでしょうか? 例えば、藁人形による「丑の刻参り」と呼ばれる怨念の呪殺法など…。 21世紀の時代に、そんなものあり得ないとお感じでしょうか? 下らないオカルトだと一笑に伏すでしょうか? では、もしそんな事案が持ちかけら […]

「コミュ力」が無くて、人に馴染めない

私は、群れない。 自分が信じた生き方をするぞ。 我がなすことは我のみぞ知る  by坂本龍馬 このような言い分が潔くも思えるのですが、皆がみんなこうだと社会が混乱してしまいます。 特に、若さゆえ、協調性が無くて自分勝手なことを「孤高」だと勘違いする […]

離婚原因一位が「性格の不一致」な理由

日本の離婚率は35%くらいです。 つまり、生涯のうちに三組に一組は離婚しています。 だから珍しくもありませんし、その分シングルマザーも再婚者も多いのです。 そして、仕事柄これらの方のお話を聞く機会が極めて多いと思います。 LGBTの性的マイノリテ […]

堂々巡り“悪循環モデル” 

不登校を例に考えてみましょう。 ある日、子供が学校に行かなくなったとします。 そして、私が「お子さんにお会いする必要は、まったくありません」というと、大抵のご両親は不安そうな顔をされます。 本人と直接会わずに、一体どうするっていうの? それがカウ […]

カウンセラーは病んでいる

この仕事は、ある種のネガティブイメージで見られることは仕方がありません。 お会いしてしばらくすると、普通に「なんでこの仕事に?」から始まり、「大変でしょう?」と続き、やがて「自分が貰っちゃわない(うつっぽくなったり、落ち込んだりしない)ですか?」 […]

自立したエリート女性の光と影

男女雇用機会均等法などで、女性の社会進出が目覚ましいと言われて久しいですが、優れた女性たちの活躍を見聞きすることも当たり前になりました。 私の周りにも、高い地位や肩書を持っていたり、国家資格を持って責任ある仕事をしていたり、若くして多くの人を束ね […]

不登校、ニートに共通する家庭環境とは

不登校は社会問題だとされますが、確かに相談件数が増えています。 お子さんが学校に行きたがらないとなれば、まずは何が理由なのかを探そうとするのではないでしょうか? それがそもそもの間違いです。 良くある理由付けが、何かしらの問題やトラブルが発生した […]

>短期改善こそ、真のホスピタリティ

短期改善こそ、真のホスピタリティ

悩んだ時間は決して無駄にはなりません。 では、一歩を踏み出してみてください。最善を尽くしてご支援します。

空き時間枠に、今すぐご予約いただけます。

CTR IMG