短期家族療法が、行政機関から信頼される2つの理由

短期家族療法とは、メンタルの問題に最も早く結果を出せる技術です

こんにちは。心理療法士の近藤です。

あなたはきっと、
「心理療法や催眠療法、カウンセリングで本当に元気になれるのか不安だ」
「どうやって心が癒されるのか?」
「どんなふうにストレスが軽減されるのか?」
「“短期改善”や、“モチベーションアップ”なんて本当にできるのか? 」
ということをお考えではないでしょうか。

悩みが深ければ深いほど、そういった不安を持たれるのも当然だと思うのです。
そこで、皆様の参考になればとこの文章を書くことにしました。

カウンセリングや心理療法、コーチングなど、メンタルをケアしたり援助するための技術は沢山ありますが、その中でも最も早く結果を出せるのが短期家族療法です。

「改善させる」とか、「状況を良い方向へ変える」ということはもちろんですが、臨機応変に、最も簡単な行動だけで結果を出すことが出来ます。

 

信じるに足る理由

以前より、カウンセリングに長く通っても結果が出ない長期化の問題や、カウンセラーのレベルや質に大きな差があることなどが指摘されています。

昔のように電話帳に数箇所しか掲載されていない時代ではなく、逆に立派なHPがあれば信用される時代でもありません。

本を書く文才やビジネスの商才と本当の実力は別物ですし、昨今のネットの噂ばかりを信用する人は少ないと思います。

もし私が家を建てるなら、ベストセラー本を書いている建築家だからとか、テレビに出ていて紹介されていたから、というのも参考程度でしょう。

では、何をもって選ぶべきなのか?

冷静に常識的に考えれば、とても簡単な事です。

 

根拠と実証です。

 

それも、「大勢の人が評価している」とか、「欧米で最も実践されている」といった、主観的な情報ではだめです。

その発信源が不特定で曖昧すぎます。

少し疑り深いでしょうか?

 

時代錯誤、データ不足、オカルト?もある心理分野の実情

では、実際にこちらをご覧ください

心理業界の奥義とも言われた → 催眠療法

日本発祥の著名な流派 → 森田療法

もう一つの伝統的流派 → 内観療法

更にとても流行している → NLP

最も科学的根拠を擁する → 認知行動療法

 

世界最大のWEB百科事典にはこのように記載されており、信憑性や有用性に疑問も湧いてしまいます。

これも考えれば当然の事です。一つの流派全体を精査しようとしても難しいのは、専門技術というのは結局、行っている人物に依る部分が大きいからです。
「何を」しているかも大事かもしれませんが、「誰が」しているかがかなり重要だということです。

医療と同じく、良い「病院」や「医術」があるのではなく、良い「医師」や「施術者」がいるかどうかであり、専門家にもピンからキリまでが存在します。

知人の工務店社長が、いつも言うことがあります。

「最終的には、大工の腕次第だからね」

ご存知のように“良い大工”は国家資格で決められるものではありません。

肩書きでも資格でもない、ただただ実力や実績が問われるのです。

 

 

では、我々の心理業界で最もその「実績」を持つ人物は誰なのか…。

ミルトン・H・エリクソン

彼は、間違いなくそれに最も近い人物の一人です。

心理的な症状や問題に際し、投薬もなしでほとんど対話だけで短期間に改善を起こす。それは、「魔法使い」と称される程の技術でした。

 

疑わしく思われていた催眠療法にすら、その功績によって科学のスポットが当たりました。

残念ながら、彼はもう亡くなっています。時代的にも、かなり古いと言えるでしょう。では、エリクソンの流れを汲み、それを探究し、現代でもその成果を実証しているのは誰か。

 

調べればはっきりと明記されているように、それがGベイトソン等による米国のMRIであり、派生のSFA、国内では東北大、東大、大阪大などに存在する「短期療法、家族療法、システムズ・アプローチ」を研究する一派です。

彼らは、その技術を科学的に突き止め、学会を作り、論文を発表し続けています。

 

 

研究内容や論文はこれらのサイトで読むことが出来ます。

科学技術振興機構

J-GLOBAL

researchmap

J-STAGE

 

これらは、確実な根拠と実証であり、被災地支援でも多くの改善データが取れ、内閣府などの行政機関からも依頼されるまでになっています。

それ以外で「エリクソン流」などと標榜するのは、彼が生きていた時代の催眠や、広大なスキル全体のごく一部を扱っているにすぎません。

 

最先端の研究と、高度な技の融合

なぜ、ここまで差が開くのかといえば、第一に組織力です。
大学や研究所には世界中から英才、秀才たちが集い切磋琢磨する地場があります。有能なメンバーがチームで取り組む研究だからこそ、そのクオリティも必然的に上がるのです。

米国のNASA。ハーバード大学、MIT然り。個人の事業者、カウンセラーの最大の弱点は、ここです。

 

もう一点が、資金力です。

東京大学や京都大学に投じられる研究費は莫大です。まして、国外ともなれば、世界有数の巨大財団が数億ドルの支援をしていたり、まさに天と地と言えます。

この二つが揃う場所で技術を真剣に身に付けようとすれば、優秀な教授がいる大学と大学院で学ばなければなりません。

それが無理なら、本や論文を読み、直接指導を受け、自分で検証していくしかないのです。

私はそうして、これまで何年にもわたって幾人もの師の元でご教授を頂きました。自分で研修会を開き、わざわざ先生にご足労も頂きました。
有難いことに、開業カウンセラーという雑多な人種であろう私に、どの先生方も丁寧にご指導下さり、本当に感謝の念に堪えません。あの学びの日々が無ければ、今の自分はありません。

当研究室は、東京大学の産学連携にも加盟しています。

 

 

しかし、思い詰まされるのは、彼らは研究者であり、学校という「教育現場の先生」というお立場なんだということです。

研究者の本分として、論文を書き、学会発表し、学生を相手に指導しなければなりません。それは、産業領域での「職人」ではあり得ません。ご自身でそのことに触れる先生もいらっしゃいますが、そこは「現場」に違いがあるのです。

建築学の権威が研究室に家を建てるのではなく、我々が生きる一般社会に、大工が腕を振るうべき建築現場があります。

しかし、研究や実験、データの集積と検証…、そういったおびただしい時間を掛けねばならない聖域は、本職である先生方にお任せするしかありません。

最高学府とは、そのための場所なのです。

 

大学教授という仕事は、責任と共に、それなりの地位と権威も含み、尊敬の対象でもあります。
それに比べると、我々職人というのは汗水流して働く肉体労働者のイメージです。

お恥ずかしいことに、私は大学を中退していますから、先生方の立派な姿に憧れることもあります。しかし現場で働く側も、社会的に十分尊重されるようになりました。だからこそ、我々職人達が、その尊い研究成果を携えて、実際の仕事で貢献するしかないと考えます。
なぜなら、研究者と実践者が力を併せて行動しなければ、自殺者2万人を超えるこの国の心の健康は実現できないからです。

 

日本の心を健全にする。

日本人の幸福な未来に心理技術で貢献する。

それを理念としています。

是非ともお試しください。

「心理の職人」の心と技を。

 

悩んで迷っているあなたの背中を押すべく、特別に割引をさせて頂きます。

当サイトからのご予約特典は、短期療法一回の料金が、
20,000円 → 15,000円(毎回)となりまです。

最終的に自分を変えられるのは、どう行動するかにかかっています。

 

 

>短期改善こそ、真のホスピタリティ

短期改善こそ、真のホスピタリティ

悩んだ時間は決して無駄にはなりません。
是非、一歩を踏み出してみてください。
最善を尽くしてご支援します。

空き時間枠に、今すぐご予約いただけます。

CTR IMG